黒柳徹子さん - パンダがいる動物園

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒柳徹子さん

黒柳徹子さんが大のパンダ好きというのをご存じでしょうか?

先日、森光子さんが亡くなられましたが、黒柳徹子さんの哀悼のコメントが紹介されていました。

「誰も聞いてくれないパンダの話を森さんは熱心に聞いてくれまして…」とのことでした。

黒柳徹子さんは。。。。。

上野動物園にパンダが初来日する以前の1970年代に、熱心に広報活動をされていました。

当時はまだパンダは「幻の動物」といわれていた時代です。

小学生の頃に貰ったパンダのぬいぐるみがきっかけで、パンダを好きになったそうです。

そしてパンダ保護活動への長年の功績は、パンダの本土の中国からも認められています。

パンダの専門機関「成都大熊猫繁育研究基地」から、パンダの赤ちゃんの命名権を与えられました。

約70万円で1年間限定でパンダに名前が付けられる権利は一般にありますが、無償では初の名誉!

日本国内でも、黒柳徹子さんは「日本パンダ保護協会」の名誉会長を務められています。

黒柳徹子さんの「パンダ通」という著書も、さすが…という感じですよ。

彼女のパンダ愛は以下の糸井重里さんとの対談からも感じられます。お時間がある時にぜひ♪

たまねぎアメと森繁パンダ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。