上野動物園の赤ちゃんパンダ誕生への備えについて - パンダがいる動物園

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上野動物園の赤ちゃんパンダ誕生への備えについて

上野動物園の力力(リーリー)と真真(シンシン)の交尾が確認されたのは3月中旬頃。

2012年は残念ながら誕生6日目にして急死してしまうという悲しいニュースがあっただけに

2013年こそは国民の期待と同様に、上野動物園の飼育員の皆さんも色々な工夫をされているようです。

パンダも季節によって味覚の変化が見られるようで春先は竹の幹をよく食べるので竹の量の増やしてあげたり、よりリラックスできるようにと産室には座り心地を良くするように背もたれを作ったりしているそうです。

パンダはいつの時代も子ども達には人気者で、GWの動物園でのインタビューでも「パンダさんが可愛かった」、「パンダの赤ちゃんを見てみたい」などの意見がテレビでも放送されていました。

今年は念願の赤ちゃんパンダの成長を見届けられる年になることを願いましょう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。