パンダ・旦旦(タンタン)の食事時間 - パンダがいる動物園

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンダ・旦旦(タンタン)の食事時間

比較的ゆったりと観賞することができるパンダがいる動物園は、神戸の王子動物園です。

パンダといえば、両手で笹を持って葉をむしゃむしゃと食べる姿を思い浮かべる方も多いはず!

パンダの食事時間を狙って見学すると、のんびりと寝ているパンダとは違う仕草を見ることができます。

王子動物園の旦旦(タンタン)の食事時間は。。。。。

タンタンの食事風景10時11時45分13時30分15時の4回です。

とはいえ、時間を気にせず動物園に行ってもパンダの食事を観ることができる可能性はとても高いです。

パンダは1日のうち8時間も食事をしています。

パンダはクマ科の動物ですが、クマが雑食性なのに対して野生のパンダは99.9%竹を食べているので草食性に近い動物です。

もともと草食性ではないパンダにとって笹はとても消化吸収が悪いため、長時間食べ続けないと栄養を吸収できないそうです。

ひょっとすれば、パンダにとって食事は大変なものなのかもしれません。

ナイーブな性格の旦旦(タンタン)なので、お尻を向けて食事をしていても許してあげて下さい♪

王子動物園のパンダ・旦旦(タンタン)のお食事タイム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。